デジタルとアナログとバランスと

12月 9th, 2010

Webの仕事をやるようになって、はや6年。
その間、世のPC環境は様変わりし、デジタルガジェットは氾濫。
情報スピードが恐ろしく早くなり、便利になった。

一方、自分で考えることや手を動かすことは激減し、デジタルへの依存度は上昇。
買い物は、楽天・Amazonで何とでもなり。
分からないことはGoogle先生に問いかける。

何かがおかしい。
歳とったせいじゃない。

思い立って、舵を切ることにした。

そもそもアナログって何だ?

人間的とか古いものとか、そんなイメージしかない。
デジタルって何だ?
何に違和感を感じたんだ?

分かったこと。

「アナログはデジタルの反意語ではない」ということ。

アナログは「類似・相似」を意味する言葉で、とある「量またはデータ」を他の連続した「量」で表し。
デジタルはアナログを発展させたような考え方で、とある「量またはデータ」を「数字(2進数など)」で表現する。

拡大解釈すると、
時計だったら、アナログは「時間」を「角度」に変換する学校にあるような文字盤の時計。
デジタルだと、よくある数字の「デジタル時計」に。
電灯をアナログで表現するなら白熱灯。
デジタルに例えると、高速で点滅を繰り返す「蛍光灯」といった感じ。

そう考えると、アナログをレガシーと捉えても間違いではないか。

リバランス

ざっくり言うと、

アナログは「スー」っと進み、デジタルは「カクカク」進む。

技術が高度になって、ものによってはデジタルの方が滑らかになることもあるけど。(写真とか)

「感情的なのがアナログで論理的なのがデジタル」とも言えるかな。
イメージで。
そういう意味では昔から共存してる。

デジタルは、情報を小さくしたり大きくしたり自由自在でロスもない。
便利なだけに、甘えてしまい自堕落になりやすい。
アナログは連続した情報を分かり易く示してくれるけど、ロスが発生するし応用が利かない。
どちらも一長一短。

なのに、便利ばかりを優先して、大切なものを落っことしてしまった。

だから、いまは、
デジタルから少し離れよう。
バランスをとろう。

小さなことから変えてみよう。

デジタルとアナログとバランスと

2010.12.17
一部、文章構成を修正す。


4 Responses to “デジタルとアナログとバランスと”

  1. おみおつけ on 12月 10, 2010 01:14

    よっ、エンジニア! あたしもか(笑)

  2. motohiro on 12月 10, 2010 01:59

    >おみおつけどの

    そっか!
    おみおつけもエンジニアの部類に入るのか。
    確かにエンジニアだ。(笑)

    あの頃は、お互いエンジニアになるなんて思ってもみなかったね。
    そして変化は続くのですな。
    (ミ ̄ー ̄ミ)

  3. まつねこ on 12月 12, 2010 01:33

    なるほど~~
    考えさせられますね。

    確かに何もかもデジタル化していて
    それが当たり前になりつつある昨今

    先日何年かぶりに実家でレコードを聴いたんですね。
    その音の暖かさにビックリしました。
    昔はそれが当たり前だったんだよなあ・・・。
    今の子供たちにも教えたいです。

  4. motohiro on 12月 12, 2010 12:27

    >まつねこどの

    レコード、聞くのめんどくさいですよねー。
    ひっくり返すのが。

    でも、最近は逆手にとって、タイマー代わりにしてます。
    A面が終ったら、5分休憩とか。(笑)
    一つに集中すると凝りすぎる傾向があるので、重宝してます♪
    (-^_^-)

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

Name

Email

ウェブサイト

Speak your mind

    プロフィール

     座右の銘は「虚心坦懐」。尊敬する人は「Michael Jackson」と「Robert Downey,Jr.」。自分の「ココロ動いた」ことを中心に綴っています。>> about

    ツイート